カテゴリー別アーカイブ: おひさま

上山の姉妹店?メンバーと勉強会

2015-06-09 15.32.47 

  上山中心街

 

2015-06-09 15.19.36

 共生ホーム「わ」の仲間たち

 6月9日、上山で開設している 共生ホーム「わ」のメンバーと勉強会をしてきました。厚労省が打ち出している「総合事業」と、私たちが展開している共生ホームとの関連性についてです。

 共生ホームは、介護保険制度を使わない取り組みなんですが、厚労省は介護保険の要支援1・2の方を介護保険から外して「各市町村で対応する」ことを決めたのですが、具体的に「誰がお世話をするのか」と言うとnpoや民間等を活用してと言っています。

 「出発点は違っても、共生ホーム構想と一致する点が多くあるのではないか」ということが一番の注目点です。今後も、いろいろと一緒に勉強していきましょう。

三番目のホームほしい

 いま、NPO法人まんまるでは、「共生ホームおひさま」という、空き家を活用した「小さな老人ホーム」を開設しています。

 住み慣れた地域で、できるだけ、その地域で暮らしてほしいという思いから開設しています。

 在宅生活のサポートをしながら、自宅で生活していただき、どうしても限界になったら「住むところ、泊まるところ、部屋があるから」どうぞ。

 というのが「おひさま」です。

 ところが、岩井沢ホーム 空き室1室、幸町ホーム 満床という状況です。高齢化が進んでいる小国町です。「もう在宅生活が限界」という状況に、「いつ、なるのか時間の問題」という高齢の一人暮らしの方がたくさんいます。

 

 私は、町外に住みたいからという人以外は、「一人暮らしが限界になったから」「介護施設がいっぱいだから」と、町外に行かなければならない。というのは絶対にさけなければならないと思っています。

 

 そんなこと言っても「面倒してくれるところが町外の「施設」しかないから、しょうがない」という現状を変えて行きたいと思います。

 それが、共生ホームおひさま を開設すれば解決するのに、NPOの財政を考えると簡単には行かない。

 3番目のホームを何とかしたい。

 ちょっと、焦っています。